お金の流れを把握すると貯金が楽になる

500円玉貯金のお金の貯め方。

私は、過去に二度500円玉貯金に成功した事があります。貯まれば30万円。という缶の入れ物でしたが、片手では持てなくなるほどの重みです。長い時間をかけて、徐々に貯まっていって、最終的に開ける時が一番の楽しみ。コツコツ入れていたものがこんなになるなんて!と、大袈裟ですが、感動の瞬間です。その嬉しさにはまって、飽きっぽい私が、二度も貯めることができました。私は貯まってから缶を開けるその都度、お金を並べて記念に写真を撮ったほどです。その写真が、先日掃除の最中に出てきたのです。そんなことすっかり忘れていた私は、早速主人に自慢をしにいきます。

主人は、すごいなぁと言いながらも『何かいんちきでもしたんだろう』と、疑っています。いんちきしようが無いんですけどね。負けず嫌いな主人は、俺のほうが早く貯めれる!となぜが張り合って、彼も500円玉貯金をする事になったのです。早速、貯金箱を買いに行きました。私は、そうそう貯まるものじゃないのに大丈夫かしら…なんて思いながらも、主人はやる気いっぱいです。一体何の勝負なのかよくわからないものの、お金が貯まるならラッキー♪という感じですね。始めて間もなく、思ったよりもあまり進まない事に気づいた主人でしたが、ある日から突然どんどん貯まっていくのです。不思議に思っていたのですが、原因が分かりました。一緒に買物に行ったある日、主人はレジで『お釣り全て500円玉で下さい』と言っています。さらには自販機でも、500円玉が出るようにお札を使って買っています。お店の人にも迷惑だし、それこそいんちきなんじゃないかと思いましたが、主人の必死さがおかしくて仕方がなかったです。貯金の仕方も人それぞれなんですね。楽しみながら貯金しているようでなによりでした。主人があの、開ける時の感動を体験するのは近いかもしれません。